横浜植木 夢を植える。未来を育む。横浜植木 夢を植える。未来を育む。横浜植木 夢を植える。未来を育む。

CSR活動


1. 宣 言

当社は、当社の英文社名(The Yokohama Nursery Co., Ltd.)に由来する「ナーセリー(NURSERY)活動」を通じ、社会への責任と貢献を果たして行く。

2. 「ナーセリー活動」の三つの基軸

「植える」・「育てる」・「はぐくむ」
*Nurseryの持つ意味になぞらえた企業精神

  • (1)植える ⇒ つねに新しい種を蒔き、「明日への芽」を植えます。

  • (2)育てる ⇒ 人を育て、環境を整え、豊かな企業風土を育てます。

  • (3)はぐくむ ⇒ 伝統と社風をはぐくみ、豊かな実りを実現します。

3. 本活動の対象と働きかけ

  • ・社 員 生活の向上と明るい家庭づくりを計る。

  • ・株 主 期待される配当の実現を目指す。

  • ・取引先 信頼される高品質の商品・サービスを提供する。

  • ・地 域 緑化を通じた明るい街づくりを実践する。

  • ・国 法令順守と納税の遂行を行う。

  • ・未 来 種苗・花卉・園芸・緑化の変革へ取組む。

*スローガン「明日の園芸を創造する」

4. 本活動を可能にする源泉

会社として利益を生むことが前提条件となり、当社の発展と恒久化の実現が、この活動の源泉となる。

5. 本活動の具体化

  • (1)全員参加

    この活動は社員一人ひとり全員が参加する。

  • (2)「ナーセリー活動」委員の選任

    社員一人ひとりの参加を前提として、各部門を代表する「ナーセリー活動」委員を、一年交替で選任する。

  • (3)「ナーセリー活動」会議の開催

    この活動を具体的に推進する為に、「ナーセリー活動」会議を奇数月ごと年間に6回開催する。

  • (4)組 織

    本委員会の委員長に社長が就任し、各部門の代表者が委員を構成する。事務局は管理部総務課に置き、管理部長・総務担当者一名が担当する。

  • (5)活動状況の開示

    本委員会の議事録は書面にて作成し、社員全員に開示する。 また、委員会の活動状況については、定期に発行される社内報(E-花ひろば)に専用欄を設け掲載する。株主、取引先、地域に向けて、本活動の報告をホームページによる公開・広報を行う。

  • (6)実施状況の監査

    本委員会の実施状況について、半期ごとに監査役に報告を行い、監査を受ける。

  • (7)要望事項・クレームへの取組み

    本委員会活動の推進に関わる各種要望事項ならびにクレームは、事務局で取りまとめ、会議の議題として取り上げ、解決に向け取り組む。

top
 Loading...