横浜植木 夢を植える。未来を育む。横浜植木 夢を植える。未来を育む。横浜植木 夢を植える。未来を育む。

SDGsへの取り組み


SDGsと横浜植木のビジョン


持続可能な開発目標(SDGs)とは,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

Sustainable development

採択された「アジェンダ」の宣言文第7段落では、SDGsが目指す世界について、『A world with equitable and universal access to quality education at all levels, to health care and social protection, where physical, mental and social well-being are assured.』(和訳:あらゆるレベルの質の高い教育、ヘルスケア、社会的保護への公平で普遍的なアクセスがあり、身体的、精神的、社会的幸福な状態が保証されている世界。)と述べています。SDGsが目指す理想の世界において、「physical, mental and social well-being=身体的、精神的、社会的幸福な状態」は非常に重要な要素となっています。
当社は「身体的、精神的、社会的幸福な状態」を非常に重要な概念ととらえ、以下のビジョンを掲げ、より良い世界の実現を目指しています。

Vision

夢を植える。未来を育む。

Well future together

  • 幸せを育む。

    私たちはグローバル・グリーン企業として
    地球環境の向上に寄与し
    美しい緑と笑顔を世界中に発信し続けます。

  • ひとを育む。

    私たちは伝統と最先端技術で
    つねに人々の笑顔のタネになる話題を提供し、
    未来を担う子どもたちを支えます。

  • 社会を育む。

    私たちはさまざまな土地や環境に合った
    種や苗を開発し社会の繁栄や
    潤いに満ちた生活の実現に貢献します。

横浜植木の取り組みの流れ


当社にはSDGsの目標に向き合う責任があり、これから以下のステップでSDGsへの取り組みの意思決定を行い、当社なりに理想の世界の実現を目指していきます。

backline
Step0 START

取り組みの意思決定

  • ・企業理念の再確認と将来ビジョンの共有

  • ・経営者の理解と意思決定

  • ・担当役員の選任 2021年5月

Step1 PLAN

SDGsと当社事業のリンク

  • ・当社の事業・活動と環境や地域社会との関係の整理

  • ・SDGsのゴール・ターゲットの紐づけ

Step2 DO

取り組みの具体化

  • ・取り組みの具体的な内容、目的、ゴールの決定

  • ・取り組み方法

Step3 CHECK

取り組みの状況確認

  • ・取り組みの様子を記録

  • ・取り組みの評価とレポート作成

Step4 ACT

取り組みの整理と見直し

  • ・取り組みを整理し、情報発信

  • ・今までの取り組みを見直し、次の取り組みへの展開

backarrow
backarrow
backline

2030年、私たちは、
誰もが笑顔で幸せな生活を送るためのお手伝いを
“幸せな気持ち”
で実現できていることを目指します。

そして2031年、横浜植木は創立140周年。
さらにその先へ
持続可能な未来を目指して。

参考文献:

国谷裕子と考えるSDGsがわかる本 出版社「文溪堂」 監修者「国谷裕子」
SDGs思考 出版社「インプレス」 著者「田瀬和夫」

top
 Loading...