横浜植木 120年の歩み

昭和25年

2月25日資本金500万円増資、1,200万円とする。
上半期微粒子動力煙霧機兼撒粉危を開発した。

昭和26年

-東京出張所(4月)、野毛売店、中央種苗試験場(8月)、富士営業所、松田営業所(10月)、各々閉鎖。

昭和27年

2月27日第五代大槻清太郎社長就任。
4月26日会社整理を横浜地裁に申請、8月に会社整理に入る。
8月20日第六代沼田安蔵社長就任。
9月1日札幌営業所、支店に昇格。

昭和29年

6月英国ロータリーホース社から小型耕転機「ブルドック」を輸入販売。

昭和30年

12月7日農機具工場が東京通産局長表彰。
12月22日農機具工場が県知事表彰。

昭和31年

2月1日河崎政雄専務、稲葉泰吉貿易部長、神奈川県東南アジア貿易使節団に加わり、農機具部門の市場調査を行う。
4月東京都台東区神田旭町10番地に東京出張所を開設。

prev

next