横浜植木 120年の歩み

昭和41年

2月4日全日空機遭難、第七代渡邊廣太郎社長急逝、享年46歳。
2月18日第16回全日本そ菜原種審査会で「US交配火星甘藍」農林大臣賞受賞。「US春蒔5寸人参」も全国種苗業連合会長より銀賞を受ける。
4月27日第八代渡邊健二郎社長就任。3月から6月にかけて、菊川農場を拡張。
11月7日第7回全日本中小企業輸出見本市で当社のハイスプレー、ツリースプレーが輸出向優秀商品に選定される。

昭和42年

11月11日菊川農場拡張。

昭和43年

2月17日第8回輸出振興包装展に「植木の輸出包装」を出品、通産大臣賞を受賞。
-当社製背負歯車ピストン式噴霧機「ハイラック」主力商品に。
4月22日東名高速道路厚木インターチェンジ造園工事完了

昭和44年

1月29日東名高速道路菊川インターチェンジ、小笠パーキングエリア造園工事完了。
4月15日横浜市南区唐沢15番地に社宅建設。
5月下旬渡邊健二郎社長、販路拡張のため米国へ出張。
6月28日昭和44年度輸出貢献企業として通産大臣表彰を受ける。
-トマト用ホルモン剤散布用噴霧機「トマトスプレー」開発。

prev

next