横浜植木 120年の歩み

明治43年

- 米国向け花菖蒲に病害、全量差し戻しされる。
5月 英国ロンドン日英博覧会に盆栽、日本庭園などを出品、名誉大賞を受賞。また、英国王立園芸協会から銀製大盃2個を受賞。
11月23日 初代社長鈴木卯兵衛没、享年72歳。
- 米国デミング社からサクセスポンプ、農業用、家庭用デミング水上ポンプを輸入、同社の日本総代理店となる。
- 硫酸ニコチン「ブラックリーフ40」、砒酸鉛、レモンオイルなどの殺虫剤を輸入販売。
- 英国リチャード社製シトロンインセクチサイド、ミルデーワッシュ、ウォームデストロイヤー、ヘレボアパウダーを輸入販売。
- 米国からウェドデストロイヤーを輸入販売。

明治44年

2月 第二代社長に鈴木浜吉就任。

明治45年

- 東京市がワシントン市に桜を寄贈、当社が輸出業務を手がける。
5月 英国ロンドン万国園芸博覧会に出品、金大牌、銀大牌各1個を受賞。
- 水田岩次郎、鈴木喜三郎、第2回南洋方面出張、蘭科植物を購入。
- 米国から殺菌剤パリスグリーン、殺虫剤ツリータングルフードを輸入販売。
9月13日 明治天皇御大葬に際し、英国皇室から贈られる花輪の調整方をコンノート殿下より下命を受ける。
- 中山試作場でリンゴ苗、桃苗などを接木繁殖(大正2年から発売)。

prev

next