横浜植木は横浜で創業して125年以上になる総合園芸会社です。

横浜植木株式会社

横浜植木120年のあゆみ

横浜植木Facebook

HOME > 会社案内 > ごあいさつ

ごあいさつ

代表取締役社長 渡邊 宣昭

1891年近代園芸会社の草分けとして文明開化の地、横浜に産声をあげたところから当社の歴史は始まります。

創業から約50年間は業界の先達として順調に成長、海外にも次々と進出することができました。
1912年、日本から米国ワシントンのポトマック河畔に桜の苗木を送りました。 この苗木は当社が出荷したものであり、一本たりとも苗木に病気がなかったのでアメリカの検査官も感嘆の声をあげたそうです。その返礼に、ハナミズキが3000本米国から日本に送られ2013年当社が指定管理をしている本牧山頂公園で、その一部の植樹式がアメリカ大使、横浜市長の列席の中で行われました。

現在の私たちは、近代農業、家庭園芸、環境緑化に関連した育種・生産・販売 造園工事・指定管理と多岐にわたる事業を手がけていることから、総合園芸会社として時代の先取りと創造性の発揮を企業理念としております。
1965年、静岡県菊川市に菊川研究農場を開設、1988年第一分場を、2005年には第二分場を開設し、その後管理棟、事務所も新築し野菜種子を中心とした研究・開発に努めております。

また、皆様からのご信頼のおかげで諸官庁や各公団及び民間の多くの緑化事業に参画させて頂いていることは、私達の喜びであり、誇りにもなっております。

近年、横浜型地域貢献企業認定資格の最上位認定、造園工事に関する環境マネジメントシステム認証及び、品質マネジメントシステム認証(ISO9001品質・ISO14001環境 認証取得。認証範囲:本社造園部・北海道支店造園班 造園工事/公共工事に限る、土木構造物の施工/公共事業に限る、緑地維持管理業務/公共工事に限る、指定管理者業務)を受けており、今後とも、勤勉な社風を守り社業の発展を図るとともに、社会に貢献、奉仕していけるよう努力してゆくつもりです。

何卒、私達をそして当社の未来を温かく見守っていただけますようお願い申し上げます。