生産者・販売店の皆さまへ - 野菜

龍翔(りゅうしょう)

龍翔(りゅうしょう)

収穫性抜群、横綱級のF1秋冬ネギ

コート6千粒、2dl、20ml、小袋

特性
・夏場の厳しい天候でも、欠株になりにくい。 様々な病害や過湿、過乾燥等、根痛みを起こしやすい状況でも安定して成育し、収量性、秀品率に優れる。
・冬期における伸長性、肥大性に優れ、耐寒性がある。 葉枚数が既存の品種に比べて1~2枚多いので、収穫調整作業が楽な省力品種。
・軟白部の肌理(きめ)が細かく滑らかで、光沢がある。 食味も甘みがあり美味しく、繊維質を感じさせない 食感である。

栽培のポイント
・龍翔は乾燥、湿害にとても強い=細根が非常に強い=吸肥力が大変強く、肥料切れは起こしにくいが、逆に過剰施肥は軟弱成長に育ち、葉が過繁茂となる。元肥の施肥は少なめとし、秋口までは葉色は淡いままで生育させることが良品生産の最大のポイントとなります。
・元肥の過剰施肥による障害窒素過多により葉が過繁茂となり、畝に入れなくなるほど葉が長くなることがあります。そうなると、軟弱徒長で、サビ、べト病等にもかかりやすくなります。 また、老化も早まり、適期を逃がすと首が割れることがあります。冷夏、暖冬、多雨の条件化では、小菌核腐敗病が発生しやすくなります。窒素肥料を減らして軟弱に生成させなければ、被害はかなり軽減されます。また、早めの薬剤防除も重要なポイントとなります。
・生育初期〜中期は、葉色が淡いため、追肥が多めになりがちですが、吸肥力が強いため少しずつ追肥を行うのがポイントとなります。

作型表

龍翔(りゅうしょう)
ページの先頭へ